マニュアルとシステムのメリット比較

マニュアル

マニュアルで業務をこなすメリットとしては、しっかりと連携を取ることによって臨機応変に対応出来るというメリットがあります。違う業務を割り込みさせることも出来ますし、手順を変えることが出来ます。これが人の手で仕事を行なう一番の強みと言えるでしょう。

システム

システムを利用するメリットは業務にかける時間短縮になります。またシステムで行なえる業務に関しては、人を導入する必要がなくなるので、人件費の削減というメリットも生まれるのです。しかし定期的なメンテナンスや更新手続きがあるので、放置という訳にはいかないので注意しましょう。

システムに求めること

業務のどのような部分を改善させたいのかによって、導入するシステムを選ぶ必要があります。システムにも様々な種類があるのでしっかりと選ぶようにしましょう。受電や発信に役立つシステムとしてCTIシステムが注目を集めていますよ。

生産性と効率化の両方を叶えてくれるシステム

パソコンを操作する人

業務に役立つシステム

受電業務を行なう際に、お客様へ失礼のない対応を誰もが望んでいるでしょう。こうした対応を叶えてくれるシステムが実はあるのです。このシステムについて知りたいと思う方はぜひ次のコンテンツを調べてみましょう。

詳細

システム導入のメリットを考察!ERPパッケージで課題解決へ

レディ

業務の効率を向上させるシステム

企業が抱えている課題の中には業務の効率化という課題があります。業務の効率化を行なうことで生産性のみならず、コストカットを行なうことも可能になるので多くの企業が取り組んでいるのです。システムを導入して一部の業務に組み込むことで効率化を行なう企業もありますが、交通費精算システムや労務管理システムなどといったシステムは、一般的な企業で活用しやすいため好評となっています。

男の人と女の人

経営に欠かせない部分

経営では働く社員(人)、販売する商品(物)、資金(金)、情報が欠かせません。これらを一つ一つ解析し、企業の経営に活かすためにERPパッケージと呼ばれるシステムが存在するのです。ERPパッケージを活用することによって、細かなデータを一目で分かるようにすることだけでなく今後の経営戦略に役立てることも可能となっています。大手企業でも取り入れられているシステムなので、まだ導入していないのであれば検討してみましょう。

システム導入の注意点

  • システム導入後の計画を立てる
  • システム導入の目的をはっきりさせる
  • ランニングコストもしっかり検討する